未来へ歩もうこのまちで

東温市移住・定住支援ポータルサイト

未来へ歩もうこのまちで

メニュー

東温市移住・定住支援ポータルサイト

  1.  > 
  2.  > 

【ようこそ東温市へ!】滑川地区への移住者第1号が生まれました

東温市では、地域住民の皆さんと協働して、移住や交流人口の拡大に取り組んでいます。

 

この度、東温市滑川地区で活性化に取り組む、井上区長と東温市地域おこし協力隊松井隊員との連携、また物件所有者の方のご協力により、地域への移住者第1号が生まれました!

 

img_8116

<シモンさんご夫妻>

 

今回は、シモンさんが移住するまでに実施した東温市の支援などを、少しだけご紹介します。

 

シモンさんが、東温市移住・定住支援ポータルサイトで滑川地区の物件をご覧いただき、市の移住相談窓口に連絡されたのは昨年のこと。

まず、市の担当者と物件の下見を行いました。

img_8110-2048x1365

<川のせせらぎで目を覚ます、自然豊かな滑川地区>

 

物件と周辺の自然環境を気に入られたシモンさんご夫妻は、購入を考えられ、市移住担当者と相談を重ねました。

地域のこと、子どもの預け先、小学校、中学校までの距離など。

地域のことについては、やはり地域に住む方に聞くのが一番。井上区長と東温市地域おこし協力隊 松井隊員が地域への窓口として相談に応じてくれました。

 

滑川地区を気に入ってくださり、シモンさんご夫妻は東温市への移住を決定!

 

しかし、物件に関する登記(所有権)など専門的な知識の少ないシモンさんご夫妻にとって、物件の購入は簡単なものではありませんでした。

そこで、不動産の専門家であるNPO法人愛媛県不動産コンサルティング協会に相談。山間部にある空き家の所有権移転についてアドバイスとコンサルティングを受けました。

シモンさんは登記に関する事務手続きを協会に依頼。物件所有者の方が大変親切に動いてくださったこともあり、シモンさんの空き家物件購入は、完了しました。

 

dsc00100-%e3%82%b3%e3%83%94%e3%83%bc

<協会事務所で手続きを行うシモンさんご夫妻。所有者の方も同席いただきました。>

 

「空き家を維持する、賃貸に出す、売却する。いずれにせよ経費も発生することなので、早めに考えておくことが大事。」

と不動産コンサルティング協会の方は話されます。

 

物件を購入したシモンさんは、自分で改修を行うため、仮の住まいとして近くの物件(コチラも空き家バンクに登録された物件)を賃貸されました。

所有者の方とお話し合いを重ね、無事移住成立です!

img_8113-2048x1365

<家主であるご夫妻様に周辺を案内していただきました>

 

よくメディアに出ている「田舎暮らし」。イメージどおりの移住や空き家の購入は簡単なものではありません。

しかし、地域の皆さんの協力や人に来て欲しいという温かい想い。さらに移住を希望される方の気持ちなど、皆さんが支えあって移住は成立します。

東温市では、地域、市移住相談窓口、専門家などが一緒になって各段階でのサポートを行い、安心して移住できる体制を整えています。

移住を検討されている方は、お気軽にご相談ください。

東温市企画財政課地域振興係(移住交流担当)TEL:089-964-4401

Mail:kikakuzaisei@city.toon.ehime.jp

 

▼▼東温市空き家バンクについてはコチラ▼▼

http://toon-iju.com/akiya/

 

東温市では、平成27年度から市内中山間地域4ヶ所をモデル地区として、地域おこし協力隊を設置しており、地域住民の皆さんと協働して移住や観光など地域活性化に取り組んでいます。

東温市地域おこし協力隊についてはコチラ>>

 

%e9%9b%86%e5%90%88%e5%86%99%e7%9c%9f

<物件所有者の方と記念撮影。このあと地域の方とも会話が弾んでいました。>

PAGETOP