未来へ歩もうこのまちで

東温市移住・定住支援ポータルサイト

未来へ歩もうこのまちで

メニュー

東温市移住・定住支援ポータルサイト

  1.  > 
  2.  > 

6ヶ月から2歳までのお子様を持つ方にお届けする「赤ちゃん広場」潜入レポート

こんにちは!5歳の男の子を子に持つ、移住交流担当(子煩悩)です。

 

「東温市の赤ちゃん広場ってどんな雰囲気なんですか??」

 

今回は当サイト編集部で話しているときに出た一言から始まり、東温市で開催されている「赤ちゃん広場」に潜入調査したことについてお伝えします。

 

東温市の赤ちゃん広場はノーボーダー

 

 

調査した結果、東温市の赤ちゃん広場は、ゆるーい雰囲気で

全く気負いなく、ママさん(パパさん)が休める時間 という印象でした。

ずっと赤ちゃんとばかり過ごしていると、どうしても疲れてしまうことってありますよね。

1週間の中で2時間程度ですが、少しの休める時間を作るのに最適な場所です。

 

赤ちゃん広場って何?

 

 

まず東温市の赤ちゃん広場について、簡単に概要をお伝えします。

 

東温市地域子育て支援センターでは、不安や悩みをみんなで話しながら、子育てを支援していきたいと思い、赤ちゃん広場を開催しています。

お子さんとお母さんが一緒に遊んだり、他のお子さんの様子を見たり、他の保護者の方やスタッフと気軽に育児のことが話せる・・・そんな広場です。

 

日時:毎週水曜日 9時〜11時開館

場所:東温市地域子育て支援センター(東温市南方262番地 川内健康センター2階)

対象:2歳未満のお子様

赤ちゃん広場の流れ:

9:00~ 親子で好きな遊びを楽しみます。 ※ ご家庭の都合のいい時間に来ていただいたのでかまいません。

10:40~ 片付け、親子ふれあい遊び(手遊びや、体を使った遊び) 、読み聞かせ(絵本や紙芝居など)

11:00 さようなら ※ 12時までは、広場で遊んでいただいてかまいません。 ※ 状況によって、身体計測も行っています。

※ 火・水・木曜日 午後13:00~16:00 広場の開放も行っています。 利用時間内でしたら、自由に来て遊んでいただけます。

 

 

どこにあるの?

東温市地域子育て支援センターは、東温市川内地区にあります。

重信地区(松山方面)からは、愛媛大学医学部付属病院の前の道(県道334号線)をまっすぐ行くことになります。

左に、横河原水天宮をみて、橋を渡り、国道11号線との交差点でもまっすぐ行きます。

すると左に東温市川内支所が見えますので、そのまま通り過ぎ、次の橋を渡らずに、右へ曲がる道に入ります。

 

一度行けばわかりやすい道ですので是非。駐車場も広いので、安心です。

 

 

センター1階は東温市川内健康センターという建物で、東温市健康推進課の事務所があります。

 

入り口から入って2階へ行く階段を上がれば、「東温市地域子育て支援センター」です。

 

 

 

センターのスタッフさんは3〜4人います

 

 

潜入調査した日は、まさかの雪。。

それでも当日は、7組(15人くらい)の親子さんがのんびり楽しんでいらっしゃいました。

 

いつもは、15組〜20組くらいの方がこられるそうです。

 

当日の参加ベビーの月齢は、だいたい9か月~14か月でした。

センターの利用案内では、利用対象を2歳未満のお子様としています。

 

 

月齢に合わせたおもちゃがたくさん

 

 

センター内に置いているおもちゃは、トンネル、ボールプール、赤ちゃん用おもちゃ各種あります。

月齢に合わせたおもちゃで、赤ちゃんもゆったり楽しんでいる様子でした。

※利用は、もちろん無料です。

 

 

 

絵本もあります。

 

 

 

 

お子様が遊んでいる間に、ちょっと情報を仕入れるためのパンフレットも置いていました。

 

 

 

 

キッチンセットもあります。

 

 

 

 

お子様が飽きることなく2時間過ごせそうですね。

 

 

基本自由時間ですが、最後に手遊びタイム

 

 

センターは「基本自由」です。親子でゆったり過ごしていても、それを崩さないようにスタッフさんが声をかけてくれます。

ママさん同士でおしゃべりして、お子様が気になってしまう時でもスタッフさんがいい距離感でお子様を見守ってくれます。

 

自由時間がひと段落したら、お片づけを全員で行い、最後にみんなで手遊びの時間があります。

 

 

赤ちゃんを仰向きに寝かせて、ぞうきんの歌に合わせてベビーマッサージ

トントントントンあんぱんまん♪の歌

 

 

 

 

絵本の読み聞かせは「ぴょーん」

絵本の中で動物がピョーンととぶシーンで、赤ちゃんをピョーンと抱き上げて、

親子でコミュニケーションタイム

 

 

 

 

利用している方にインタビューしました

 

 

「生後3~4カ月の、首がすわった頃から来ているけど、まだ少し早かったように感じたので、腰がすわる6か月頃から連れてくるようになりました。」

「先輩ママさんに、離乳食のことなど教えてもらえるかウレシイ。」

 

6ヶ月、7ヶ月の頃から連れてくる方が多そうですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

東温市地域子育て支援センターは、ママ同士がお話している間にスタッフが赤ちゃんと遊んだり、赤ちゃん同士が遊んだりしてくれるので、

ママが少しお休みできる時間を作ることができます。

 

児童館は大きいお子様も利用するので、行くのはまだ少し早いかなと思う月齢のお子様には良い場所ではないでしょうか。

 

<<赤ちゃん広場>>

日時:毎週水曜日 9時〜11時 開館

場所:東温市地域子育て支援センター(東温市南方262番地 川内健康センター2階)

対象:2歳未満のお子様

赤ちゃん広場の流れ:

9:00~ 親子で好きな遊びを楽しみます。 ※ ご家庭の都合のいい時間に来ていただいたのでかまいません。 

10:40~ 片付け、親子ふれあい遊び(手遊びや、体を使った遊び) 、読み聞かせ(絵本や紙芝居など)

11:00 さようなら ※ 12時までは、広場で遊んでいただいてかまいません。 ※ 状況によって、身体計測も行っています。 

※ 火・水・木曜日 午後13:00~16:00 広場の開放も行っています。 利用時間内でしたら、自由に来て遊んでいただけます。 

 

<<東温市に引っ越したいから問い合わせてみる>>

PAGETOP