移住、定住を考えている人や、東温市で暮らす人のための、愛媛県東温市の魅力が詰まったポータルサイト

東温市移住・定住支援ポータルサイト

  • facebook
  • instagram
  • twitter
  • snsも更新中!

東温市移住・定住支援ポータルサイト

  1.  > 
  2.  > 
  3.  > 

【2月】東温市のイベント情報

こんにちは!

愛媛県東温市(とうおんし)移住・交流担当です!

もうすぐ2月!
体感ではまだまだ冬真っ只中ですが、市役所のハナミズキの木に蕾が付いているのを見つけ、春に向かっていることを感じます。
愛媛県では春を呼ぶお祭りとして知られる、松山市の伊豫豆比古命神社(通称お椿さん)の「椿まつり」が、今年は1月31日(金)から3日間とのことですので、今年は暖かくなるのが早いのかもしれませんね。

では、2月のイベント紹介です。

 

~2月10日(月) 寒ぼたんまつり

春咲きのぼたんを、藁帽子で寒さから守って開花させた『寒ぼたん』を楽しむことができます。
期間中には会場でミニ産直市、甘酒、どぶろくの試飲・販売、軽食などがあります。

(開催日)
1月10日(金)~2月10日(月)

(場所)
農家レストラン ぼたん茶屋(愛媛県東温市井内1083−1)

 

2月11日(火) 大人も楽しめる東温親子寄席


(画像をクリックすると、拡大します。)

劇団コバヤシライタが提案する大人も楽しめる「東温親子寄席」
愛媛大学出身の真打・古今亭菊志ん師匠、坊っちゃん劇場 第14作ミュージカル「瀬戸内工進曲」に出演中の俳優 中村元紀氏をゲストにお迎えして、落語、マジック、コントが楽しめる盛りだくさんの80分です。
詳細は、東温アートヴィレッジセンターのホームページをご覧ください。

(出演者)
古今亭菊志ん
三瀬賢太
瀬野義仁(三日月リリィ)
三浦桃佳
鷲野高貴
中村元紀(坊っちゃん劇場)

(開催日)
2020年2月11日(火)15時、19時

(場所)
東温アートヴィレッジセンター シアターNEST(愛媛県東温市見奈良1125 クールスモール2階)

 

2月22日(土)〜24日(日・祝) TOON戯曲賞2018大賞作品「草の家」演劇公演


(画像をクリックすると、拡大します。)

老いていく家族、家、地方ー
「一人ずつ、亡くなっていくな… 大事なもんは…」

(作者より)
「ふるさと」という響きが甘く切ないのは、そこにあった家や人の営みに思いが及ぶからだろうと想像します。
地方の大家族から巣立ち、都会で高度成長期を支えながら、核家族を作っていった人たち。また、ずっと彼らの故郷であり続け、見守りながらも消えていく人や家。
地方都市と東京。生活の変化と年老いていく家族。時の流れと共に終わりゆくものと変わらずにあり続ける思い。
東京で生まれ育った私は、憧れも含めてそんなことに思いをはせてこの戯曲を書きました。
初めて応募した作品が、大賞を受賞できて本当に光栄です。子供の頃から、不思議と体の中に残り続けていた小さい小さい渦巻きを、捨てずに生きてきてよかったと思いました。

(出演者)
岩渕敏司

鈴木智香子(サラダボール)
斉藤かおる(坊っちゃん劇場アウトリーチ事業部)
高山力造(SCHOP PROJECT)
前田浩和(劇団だるまど〜る)
愛洲恵(東温市民劇団)
和泉元守
市川翼
合田一彩
福徳マリ子
細川秀明
渡邊沙織(情熱’ダイヤモンド)

(あらすじ)
旧商家の門構えのまま残る「藤井計機商店」通称「はかりや」の藤井家。男4人兄弟の長男悟志に嫁いだ陽(ハル)。夫の死後も義母に寄り添い家を守ってきたが、その暮らしは陽の病気で岐路を迎える。
親族たちが後継や家の処分を口にするなど陽によって保たれていたバランスが崩れていく。季節は初夏。今年の夏は、長男悟志の三回忌が執り行われる。

(開催日)
2020年2月22日(土)19時
2020年2月23日(日)13時30分、18時
2020年2月24日(月・祝)13時30分

(場所)
東温アートヴィレッジセンター シアターNEST(愛媛県東温市見奈良1125 クールスモール2階)

(予約・お問い合わせ)
東温アートヴィレッジセンターのホームページをご覧ください。

 

 

2月も東温市にぜひお越しください♪

PAGETOP